ブログのはしくれ 別邸

平成24年度 富士総合火力演習(その2)

自衛隊の練度の高さを象徴する、総火演名物「対TOT富士発動!」。今年は雲ひとつない富士山と並べて綺麗に発火しました。
a0136639_117328.jpg


という訳で後半戦です。

a0136639_11741100.jpg
厚木基地所属のP-3Cが日本の領土を侵略せんとする敵艦船を発見します。

a0136639_1182646.jpg
すぐさまF-2Aが攻撃を支援します。

a0136639_1194197.jpg
土ぼこりを巻き上げながらUH-60Jが隊員を前線に送り込みます。

a0136639_120171.jpg
上空ではAH-64Dが常に周囲を警戒し、隊員に危機が迫ればすぐさま攻撃に移ります。
実戦を意識した演習だということを実感します。

a0136639_1212788.jpg
UH-1+偵察用オートバイ
偵察隊はオートバイを活用し、機動力を発揮しながら敵の情勢を偵察します。

a0136639_122373.jpg
チームワークを感じます。

a0136639_12332100.jpg
偵察隊の情報をもとに敵を攻撃します。

a0136639_1242347.jpg
走行しながら射撃をする90式戦車。
行進間射撃と言われるこの射撃方法は反撃をかわす効果がありますが、高い技術を要求されます。

a0136639_1271925.jpg
最新鋭の10式戦車。
昨年までは演習後の装備品展示だけの登場でしたが、今年は(演習上の)実戦投入。

a0136639_1301552.jpg
行進間射撃よりさらに難度の高いスラローム射撃。くるくる回りながら敵を撃ちます。しかも僚機とネットワークを介して連携し、同時に多数の敵を叩くとか。いやはやすごい時代です。

a0136639_1325168.jpg
すっかり昭和の趣の74式戦車もまだまだ現役。
稜線射撃で存在感をアピールです。

a0136639_1345085.jpg


a0136639_135325.jpg
92式地雷原処理車が敵地雷を処理し、味方を援護。

a0136639_142215.jpg
全ての火力を投入し、敵をせん滅します。

a0136639_1443767.jpg
フィナーレはこれまた総火演名物煙幕花火。
これにて無事演習は終了です。

a0136639_1462761.jpg
最後までご覧いただき、ありがとうございました(ペコリ)
[PR]
by level_300 | 2012-08-31 01:46 | ぶき