ブログのはしくれ 別邸

新田原エアフェスタ2014

浜松の基地祭に続き、九州は宮崎、新田原の基地祭に行ってきました。
こちらもいい天気で、さまざまな飛行機を楽しむことができました。

今回は土曜日の予行と日曜日の本番、2日続けて楽しみました。

a0136639_2321152.jpg
朝一番の天候偵察を終えたT-4が朝日を浴びて一仕事終えた感。

a0136639_23315584.jpg

a0136639_2332810.jpg
新田原救難隊のUH-60による救難展示。
遭難した人はいねが~~と目を凝らす、いや手を振る隊員が(笑)

a0136639_2335285.jpg

a0136639_2342432.jpg
新田原基地第23飛行隊による機動飛行。
第23飛行隊は飛行教育航空隊に属し、文字通りF-15の戦闘機操縦の訓練を行う部隊。
訓練と言いつつキレキレの機動を見せてくれることで有名らしいです。

a0136639_2349760.jpg
a0136639_23492577.jpg
新田原基地第301飛行隊による対地攻撃訓練。
専守防衛が大原則の日本にとって、対地攻撃とはすなわち領土を侵略した敵に対する攻撃ということ。
敵地への奇襲ではなく、待ち構えているところを攻撃するわけで、非常に危険な任務です。
機動に派手さはないけど、低空で侵入し一撃必殺で離脱していく飛行はある意味鬼気迫るものを感じました。

a0136639_053087.jpg

a0136639_05518.jpg

a0136639_2358179.jpg
そして新田原といえば飛行教導隊。戦闘機の訓練で敵役を務める仮想敵機(アグレッサー)部隊です。
尾翼の「食いついたら離れない」というコブラのマークは有名ですが、やっぱりアグレッサーといえば赤い星。
ソ連が健在だった冷戦時代、部隊の部屋には鎚鎌の赤旗が掲げられ、ロシア語で会話していたとかウソかホントか判らない話も聞きますが(笑)、髑髏の額に赤い星が輝く部隊マークはアグレッサーの象徴でしょう。

a0136639_0332329.jpg
そして航空祭の華、ブルーインパルス。

a0136639_0335299.jpg

a0136639_0345653.jpg

a0136639_0352743.jpg

a0136639_0361165.jpg

a0136639_0363349.jpg

a0136639_03709.jpg
土曜日の予行では一機飛ばず、ハートを貫く矢がなかったのですが、本番ではきっちり矢が貫きました。

a0136639_0381569.jpg
こちらもきれいに青空に星が浮かび上がりました。

a0136639_0391619.jpg

a0136639_0393433.jpg
a0136639_0395049.jpg


a0136639_0442511.jpg

a0136639_0444425.jpg
最後はこの時期限定の「クリスマスツリー」で〆。

新田原はとにかく滑走路のすぐそこまで近寄れるので、すべての機動飛行を間近に感じるところがいいですね。
「ここは別格」というマニアが多いのもうなずけます。

a0136639_0522986.jpg
最後の帰投を見届けて私も基地を後にしました。

来年もどこかの航空祭一つぐらいは遠征したいなぁ…

[おまけ]
a0136639_115389.jpg
今回も棒インパルスを飛ばしました。
前回の割り箸から作品のクオリティーを上げるべくアクリル棒にマイナーチェンジ。
a0136639_14212.jpg
それは驚くべき効果をあげます。
a0136639_145350.jpg
どちらが本物か見分けがつきません(嘘)
[PR]
by level_300 | 2014-12-07 23:18 | ひこうき