ブログのはしくれ 別邸

カテゴリ:おふね( 6 )

平成27年度自衛隊観艦式

年々そのチケットがプラチナ化している観艦式。
今年はさすがに行けないかな、と思っていましたが、なんといつもお世話になっている方にお誘いいただき、行くことができました。
お世話になりっぱなしです・・・

a0136639_15234047.jpg

ということで、今回は船越岸壁から出航。
朝日に浮かぶ護衛艦はりりしいですなぁ。

a0136639_15254792.jpg

定刻通りに岸壁を離れ、一路相模湾沖に向かいます。

a0136639_15264245.jpg

後ろには訓練支援艦くろべと護衛艦こんごうが続きます。

a0136639_15302886.jpg

横須賀港から出航した護衛艦くらまが追い抜いていきます。
観閲艦を務めるくらまは白布が巻かれ、高貴な装い。

a0136639_15352084.jpg

上空には取材陣を乗せた海自のヘリが何機かぐるぐる回ってました。

a0136639_1537579.jpg

a0136639_15374220.jpg
a0136639_153751100.jpg
a0136639_1538268.jpg

観閲付属部隊に乗艦したので、受閲艦艇旗艦のあたごを先頭に、潜水艦、LCACと様々な艦艇が観閲を受けて行きます。

今回、祝賀航行部隊として海外からいくつかの海軍艦艇が参加していました。
a0136639_15514228.jpg

オーストラリア海軍フリゲート艦STUART
有名ですが煙突にはカンガルーマークが描かれています。

a0136639_15544289.jpg

フランス海軍フリゲート艦VENDÉMIAIRE
フランスから遠路はるばるお疲れ様です。
と思ったら、この艦はフランス領ニューカレドニアに常駐しているそうで、天国に一番近い島も軍事的プレゼンスのために宗主国の軍艦が常駐しているという生々しさを実感。

a0136639_1623146.jpg

インド海軍フリゲート艦SAHYADRI
海外から来られた軍艦も登舷礼で観閲部隊を迎えるんですが、インド海軍の登舷礼は、両手で柵を握ってるんですね。
a0136639_1684553.jpg

しかもいったん帽子を掲げて柵を握るという。
登舷礼は乗組員を艦舷に立たせて戦闘の意思はないですよっとアッピールするのがその元になっていますが、インド海軍はさらに手すりまで握って「手出しは一切出しません」を表現してるのかな?

a0136639_1615870.jpg

おとなり韓国からは駆逐艦DAEJOYOUNGが。

a0136639_1619635.jpg
a0136639_16191634.jpg

祝砲は護衛艦しまかぜが発射。
無線も聞かずに撮っていたので瞬間ゲットがなかなか難しい・・・(^-^;

a0136639_1621010.jpg

潜水艦の浮上はずいりゅう、こくりゅう、うずしおのどれか(^-^;

a0136639_16221665.jpg

LCACがまさに滑るように通り過ぎます。

a0136639_1623573.jpg
a0136639_16231497.jpg

P-3Cが対潜爆弾を投下。
水柱が上がって数秒後に足元にズズーンと響くあの感覚はたまらんです。

a0136639_16254838.jpg
a0136639_16255596.jpg

最新鋭の対潜哨戒機P-1がIRフレアを撒きます。
まだまだ新しい飛行機なのでピカピカの機体にフレアがきれいに映りこみますね~

さて、今回の観艦式の目玉、ブルーインパルスです。
なのですが、厚い雲が立ち込めて肉眼でも飛行機がどこにいるのかよくわからず(^-^;;
a0136639_16282996.jpg

a0136639_16283876.jpg


というわけでブルーだけは残念でしたが、やはり大きな護衛艦が右に左に動き回る観艦式は迫力があっていいですなぁ。
[PR]
by level_300 | 2015-10-15 15:14 | おふね

第6回西太平洋潜水艦救難訓練

相模湾で行われた第6回西太平洋潜水艦救難訓練に参加する潜水艦や艦艇を、洋上から撮影する機会に恵まれました。

a0136639_16511347.jpg
まず目についたのが海洋観測艦わかさ(AGS-5104)。艦首のやぐらはヘリポートかと思いきや、音響観測機器を海中に降ろす際に使うクレーンが装備されているとか。

a0136639_16573589.jpg


a0136639_2084656.jpg
輸送艦おおすみ(LST-4001)が、甲板上に民間トラックや物資を満載して停泊していました。
自衛艦を見る機会って観艦式がほとんどなのでいつもピカピカな艦体のイメージですが、こう見るとあちこち補修の跡があってなかなかの酷使ぶり・・・(^-^;

a0136639_174102.jpg
同じく沖に泊っていた護衛艦きりしま(DDG-174)
デビュー当時は最新のイージスシステム搭載で超ハイテク戦闘艦のイメージでしたが、いつの間にか就役から20年近く経つんですねぇ。とはいえまだまだその存在感は健在ですね。
この角度から見るイージス艦が好きです(笑)

a0136639_17101986.jpg
こちらは潜水艦救難訓練に参加する多用途支援艦えんしゅう(AMS-4305)
艦艇や潜水艦を曳航したり訓練用の目標を飛ばしたりと裏方に徹する縁の下の力持ちです。
この小ささでましゅう型補給艦も引っ張れるというからすごい。

a0136639_18242128.jpg


a0136639_18241488.jpg
韓国から訓練に参加した潜水艦イチョン。潜水艦というと黒のイメージですが、なぜか茶色がかった色をしてます。
昨今の日韓情勢からか、外国軍が訪日した際に通常行われるような親睦イベントは一切無しという超実務的な訓練参加となったようです。

a0136639_1993234.jpg


a0136639_19251881.jpg


a0136639_19252918.jpg
海上自衛隊からは練習潜水艦ふゆしお(TSS-3607)が参加。
ディーゼル潜らしい排ガスを吹き上げながらの航行シーンを初めてみましたが、力強さが堪らんですね~。

a0136639_20192722.jpg


a0136639_19263328.jpg
最後はこちらも訓練に参加する潜水艦救難艦ちはや(ASR-403)。
深海救難艇(DSRV)が搭載されていないようにみえますが、右奥に見える白い球状のものがDSRVの船首部分。
奥に格納できるというのは知りませんでした。

a0136639_23255311.jpg
お目当てだったオーストラリア海軍潜水艦ウォーラーはずーっと桟橋に繋がれたまま。
出るそぶりを見せたと思いきや乗組員が上陸してどこかに行ってしまったりとやきもきさせつつ結局出港しませんでした。

という訳で、シンガポール海軍のシュープリーム以来の洋上撮影、今回は天気は良かったものの風の影響で波が高く非常に大変な撮影でした。
でも間近まで寄れる魅力のほうが上ですね(笑)
[PR]
by level_300 | 2013-09-28 19:44 | おふね

自衛隊観艦式

もうずいぶん昔のような気もしますが(笑)、今年も観艦式の予行に行くことができました。

a0136639_0504630.jpg
乗ったのは護衛艦せとぎり(DD156)。
前回と同じ、受閲艦艇部隊でした。

早朝の横須賀から出港し、相模湾沖を目指します。

a0136639_0475560.jpg
せとぎりに続く護衛艦あさゆき(DD-132)、護衛艦はるゆき(DD-128)
この日は天気は良かったものの風が強く、海も若干荒れてました。

a0136639_0514416.jpg
せとぎりの前に合流するヘリコプター搭載護衛艦いせ(DDH-182)
せとぎりは思った以上に揺れてましたが、いせクラスになるとほとんど揺れないとか。乗ってみたいものです。

a0136639_0551780.jpg
うっすらとうかぶ富士山を前に登舷礼を受ける護衛艦あたご(DDG-177)

a0136639_125381.jpg
面舵を切る護衛艦はるさめ(DD-102)と、それに続くいせ。
やっぱりいせはでかい(笑)

a0136639_142471.jpg
訓練展示に向かう護衛艦はるゆき(DD-128)と補給艦ましゅう(AOE-425)
せとぎりも補給を受けるのかと思ったのですが、こちらは警戒艦として補給の安全を監視する役でした。

a0136639_1125215.jpg
でもこんなのを間近で見ることができたのも警戒艦ならでは。

訓練展示艦艇部隊ということで他の艦艇の訓練はあまりよく見えませんでしたが、それはそれで航海を楽しめた観艦式の予行でした。
[PR]
by level_300 | 2012-10-26 23:37 | おふね

シンガポール海軍フリゲート艦 シュープリーム

親善訪問に来ていたシンガポール海軍のフリゲート艦「シュープリーム」を撮りに行きました。
a0136639_20133344.jpg
ステルス性を高めたデザインは近未来的で魅力的です。

a0136639_0453169.jpg
レーダーが見当たりませんが、艦橋の上に載っているピラミッドのような箱の中に納まっているそうです。

a0136639_0435152.jpg

a0136639_20165612.jpg

a0136639_20195664.jpg
魚雷発射管どころか内火艇のようなものも艦内に収容されているとか。

a0136639_20205135.jpg
前方に見えるのは今回の親善訪問のホストシップ護衛艦「はるさめ」
[PR]
by level_300 | 2010-08-24 20:23 | おふね

観艦式

観艦式の予行に行ってきました。
a0136639_19324521.jpg

乗ったのは受閲部隊の護衛艦さざなみ(DD113)
当初はよこすかの海上自衛隊基地からの出港かと思っていたんですが、少し離れた横須賀新港埠頭からの出港と直前に気付き、危なく遅刻して港に置いてけぼり食うところでした。


a0136639_2039248.jpg

見送りはUSH-60K(8901)
といってもこのヘリは観艦式のあいだずーっと飛んでいました。

a0136639_19531596.jpg

定刻どおり出港し、最新鋭護衛艦ひゅうが(DD181)の背後に着きます。
でかいです。艦橋から見ても飛行甲板が見えません。

a0136639_20141385.jpg

さざなみの後ろにはゆうばり(DE227)、ゆうべつ(DE228)、潜水艦そうりゅう(SS501)、わかしお(SS587)、なつしお(SS584)、掃海母艦ぶんご(MST464)、掃海艦やえやま(MSO301)と続いてきます。

a0136639_20205983.jpg

最新鋭の潜水艦、そうりゅうです。運動性能が高く損傷の可能性が低いというX舵がチラッと見えます。

a0136639_2025415.jpg

さざなみは受閲艦艇部隊だったため、訓練展示が見づらかったんですが、ヘリの離艦訓練の展示があったのでもうそれだけでお腹いっぱいでした。
格納庫から見る離艦は迫力満点でした。

a0136639_20281781.jpg

艦からははるか遠くで行われる訓練をなんとか見ることができました。
これはP-3Cが発射したIRフレアー。

a0136639_2030294.jpg

目の前をエアクッション艇1号型(2101)が高速で通過。その後アクセルターンのようにその場で方向転換をしていました。さすがの機動性でした。
[PR]
by level_300 | 2009-10-24 20:41 | おふね

大型護衛艦「ひゅうが」来る

「空母だ!」「いや、ヘリ搭載型護衛艦だ!」「侵略!」「専守防衛!」と議論がかまびすしいヘリ搭載型ひゅうが型護衛艦ネームシップ、「ひゅうが」が防災訓練のために横浜大さん橋に着岸した。
a0136639_17503745.jpg

大きい大きいと聞いてはいたが、大さん橋に着岸するとあまり大きく見えないなぁ。

a0136639_17522378.jpg

ヘリ甲板には防災訓練に参加する陸上自衛隊員や神奈川県警広域緊急援助部隊員の姿がちらほら。

a0136639_18037.jpg

緊急時は救援基地の最前線として活躍するそうです。
退役するまで活躍しないことが幸せというのはこういう船の宿命ですね。
[PR]
by level_300 | 2009-09-05 18:02 | おふね